<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

焼死安藤健三さん(80歳)息子の告白

c0228890_4104770.jpg


引き続き、週刊文春11月12日号から。

焼死安藤健三さん(80歳)息子の告白
「事件翌日、木嶋がかけてきた一本の電話」

今年5月15日、千葉県野田市内の一軒家が全焼した。死亡したのは、安藤健三さん(80)。佳苗は介護ヘルパーと称して出入りしていた。小誌の取材に対し、唯一の肉親と住まいを一度に失った安藤さんの息子・史彦さん(36・仮名)が重い口を開いた―。

「火災当日、僕は八時前に家を出ました。その日は部屋の模様替えをする予定だったので、父は九時には起きていたはずです。木嶋は業者が帰った後に来たのでしょうか…。昼頃職場にいる僕のもとに火災だという連絡が入りました。車を飛ばして駆けつけましたが、もう屋根が落ちていた。父は辛うじて人の形をしていましたが、無残な姿で表情など分かりませんでした」

焼け落ちた家を前に、呆然と座り込んだ史彦さんは翌朝、佳苗からの電話を受けた。彼女が自身のブログで「サスペンスドラマにような一日でした」と悪ノリしたくだりである。

「朝八時頃、僕の携帯に『お父様の携帯が繋がらないんですけど、どうされましたか?昨日うかがったんですけど』と連絡がありました。火事のことを告げると、絶句していた。『当日いらしているなら、県警の方にお名前と連絡先を教えることになりますが報告してもいいですか?』と言うと、特に躊躇うことなく『別にいいですよ』と。『葬儀はどうされるんですか?』と聞かれたので、全部一人でやるつもりだと伝え、電話を切りました」

電話口では殊勝な佳苗だが、火災当日、安藤さんのキャッシュカードを持ち出し、現金約180万円を引き出している。現場には七輪に入った練炭が残されており、司法解剖では睡眠薬も検出された。史彦さんによれば、安藤さんは糖尿病の薬を服用していた程度で睡眠薬は飲んでいない。練炭を使うこともなかった。


彼女以外考えられない

「火災直後は、何が燃えずに残っているのか全然分からなかった。キャッシュカードの件も、一週間後、県警から『預金が何者かに全額引き出されている』と聞いて初めて知りました。

父はヘビースモーカーで、煙草の灰を部屋中に落とすような人です。『煙草の不始末が原因でしょう』ということで、一旦は落ち着きました。県警が木嶋を怪しんでいたのは事実ですが、『彼女の関与の度合いはわからないが、捜査は続けます。また連絡するかも知れません』と6月末に言われたきりでした」

しかし、千葉県警は内偵を続けていた。7月には近隣住民に佳苗の写真を見せ、目撃証言を集めている。

そして9月末、史彦さんは再び、火災前後の出来事や安藤さんと佳苗の関係を仔細に聞かれた。

「10月27日朝、県警から『今日の朝刊で記事が出る。騒ぎになると思います』と言われました。以来、マスコミの方が僕のところに来ますが、彼女のことは電話の声だけで、直接見たことはないんです」

それもそのはず、佳苗は息子の不在時にしか安藤さんを訪問していなかった。

二人が知り合った経緯はやはりインターネット。妻を10年以上前に亡くしてから、安藤さんはネットにはまり、これまでパソコンを5台も買い換えている。

「市に介護保険を申請しようか悩んでいた矢先の晩年10月、父から『木嶋さんという女性にボランティアで手伝ってもらっている』と説明を受けました。ネットの掲示板でヘルパーを見つけたようです。月に何度か父の方から『今日、来てくれないか』と連絡していました。再婚などは考えていなかったはずですが…」

県警は現存するパソコンの履歴も調べているという。

史彦さんは、淡々と言葉を継いだ。

「不審死が続いていうようですが、県警からは『説明できないのは大変申し訳ないけど、もう少しお待ち下さい』と言われている。捜査の終結を待つしかありませんが、(火災の犯人は)彼女以外考えられません」


刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)
佐々木 嘉信
新潮社
売り上げランキング: 49828
おすすめ度の平均: 4.0
2 警察の取調べを味わった人には。
5 犯人をあぶり出す臨場感にあふれた語り
5 これが早くわかっていたらなあ
3 二度と現れないであろう個性派刑事の回想録
5 ひとつの歴史として読む価値あり!!


戦後

宝島社
売り上げランキング: 52341


実録アングラマネー――日本経済を喰いちぎる闇勢力たち (講談社プラスアルファ新書)
有森 隆 グループK
講談社
売り上げランキング: 76008
おすすめ度の平均: 4.0
4 新聞紙面では見えない部分が顔を覗かせる
3 この人たちも新書に来たか・・・
5 すぐ隣にいる

[PR]

  by buffett7jp | 2009-11-20 23:23 | 結婚詐欺事件

お父さんは東大教授なんだって

お父さんは東大教授なんだって

引き続き、週刊文春11月12日号から。
c0228890_23335766.jpg


佳苗の虚飾の仮面には、さらに分厚い化粧が施されていく。

<国立音大は首席で卒業したんです>

<ヤマハの偉い人と一対一で話をして、特別にケンブリッジ留学を認めてもらったんです>

<お母さんは自分の財布でお買い物をしたこともない人なんですよ>

<おじいちゃんもケンブリッジを卒業しています>

メールのたびに明かされる“新事実”に、驚きと喜びを隠せない福山さんは、そのたびに親友に電話を入れていた。

「朝7時半頃に、『いや、またすごいことが分かりましたよ。さくらちゃんのお父さんは東大の教授なんだって。妹さんも留学経験があって、立派な子なんだよ』『実は彼女、何カ国語も喋れるんだよ』と電話がかかってくるんです。多いときには、週二、三回電話があった。いつも一方的に福山さんが二十分くらい喋っていました。微塵も疑っている様子はありませんでした」(同前)

07年3月頃になると、冒頭のように、「母は皇族の出身」「雅子さまからの手紙」という極め付きのエピソードを伝えた。もはや「空軍パイロットでエリザベス女王の親戚」を名乗り、女の騙し続けた“クヒオ大佐”も顔負けの絶対女王である。

華麗なる一族への支援に陶酔していた福山さんは、常に印鑑や通帳を入れていた黒色のウェストポーチに、印字した佳苗からのメールを忍ばせ、大事そうに持っていたという。

「<福山さんへ ありがとうございます>などと綴られたメールを何通も見せられました。『(彼女への支援額は)もう二千万くらいかな』とも言っていましたね」(同前)

親娘ほど年の離れた二人だったが、ホテルに泊まることもあった。

c0228890_23374712.jpg


老後の面倒をみてもらう

「男女の関係もあったのかもしれません。ただ、『彼女は頭が良い』とは言うけど、容姿のことは一言も話さなかった。正直、キレイとは言い難いですし、福山さんもそう思っていたのでしょう(笑)」

儲けた金で社会に恩返しをしたいという思いから、晩年は福祉団体などに寄付をしていた福山さん。佳苗への支援も当初はその一環だったという。

だが、「少しずつ返します」と約束しておきながら、一向に借金を返済するそぶりを見せない佳苗を、「老後の面倒をみてもらう」と周囲に漏らすほど信頼していた福山さんも、次第に怪しいと感じ始める。

「亡くなる直前には、『そろそろお金を返してもらわないと。ヤマハの人や弁護士さんにも会って相談する』と言っていました。彼女にも『いつ返してくれるんだ』と話したんでしょうね」(前出)

それから一ヵ月後―。

福山さんはリサイクルショップ二階の風呂場で、全裸で泡を吹いて死んでいた。発見したのは、「一日中連絡が取れない」と従業員から連絡を受けて、部屋の鍵を開けた次女だった。

「亡くなる前日まで元気だったのに驚きました。遺族は心臓発作と言っていましたが…。奥さんは近所に『うちには全然帰ってこない。どうせ女と寝ているときに死んだんだろう。何に使ったのか、お金も残っていない』と漏らしていました」(柏の近隣住民)

発見直後に救急車が呼ばれたものの、千葉県警は「事件性なし」と判断。当時は金銭トラブルが明らかにならなかった福山さんは、司法解剖されることなく、荼毘に付された。証拠が乏しすぎるため、立件は絶望的だろう。

しかし、カネを引き出された後に不審死を遂げた男たちは、なぜ死ななければならなかったのか。その謎を解き明かす手がかりを、福山さんは遺していたのだった。



最近少し動きがあったようですが、まだ警察は殺人罪で起訴できないみたいですね。

今後の進捗が待たれます。

マイケル・ジャクソン・トレジャーズ (P-Vine Books)
ジェイソン・キング
ブルース・インターアクションズ
売り上げランキング: 12


愛すべき未来へ【初回生産限定盤】
EXILE
rhythm zone (2009-12-02)
売り上げランキング: 6


GLAMOROUS増刊 2009年11月号 EXILE×GLAMOROUS 2009年 11月号 [雑誌]

講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 やばーい
5 最高っ!!

[PR]

  by buffett7jp | 2009-11-19 23:01 | 結婚詐欺事件

木嶋佳苗34歳の正体

c0228890_4241720.jpg


今、婚カツ詐欺師の話題で持ちきりです。鳥取の殺人事件、市橋容疑者の逃亡劇とワイドショーはネタに困らないほど、事件が多い昨今です。

今週の週刊文春に、今回の結婚詐欺事件について大々的に掲載されていました。

以下、巻頭ページ内容を紹介します。


嫌いなタイプ「不潔・貧乏・バカ」、
好きな歌手「石原裕次郎」、お菓子工房かなえ主宰…
死を招く「婚カツ詐欺師」
木嶋佳苗34歳の“過去”


「私は、温かい家庭を築くのが夢です。専業主婦になって、だんな様に尽くす素敵な奥さんになるんだもん(略)。何年たっても仲良しの夫婦で喜びは倍に悲しみは半分にできる2人でいたいなって思います」

周囲で不審死が相次ぐ“死を招く”婚カツ詐欺師、木嶋佳苗は高校の卒業論文にそう書いている。

だが、16年後、現実の木嶋は温かい家庭でだんな様に尽くすどころか、“結婚”をエサに次々と男性から金をひっぱり、虚飾のセレブ生活を送る詐欺師になっていた。

当時の文集を見ると「嫌いなタイプ」を上から目線で「不潔・貧乏・バカ」と記し、また、「好きなタイプ」には「逸見政孝・志村けん・梅宮辰夫」と一見、共通点のない、経済的に余裕のある二十歳以上年上の男性が並ぶなど、後の木嶋を予感させる部分も多い。

今年の一月、彼女は自身のブログに「本当に幸せは、物質的や経済的な富裕さだけではないということを思い知らされます。(略)今年は私も「足るを知る」の精神を心がけて生きていきたいと思っています」と書き込んでいる。

だが、その後、半年の間に木嶋と関係し、金を渡した寺田隆夫さん、安藤建三さん、大出嘉之さんの少なくとも三人が次々と死亡した。木嶋にとっての「足るを知る」とは何だったのだろうか。
c0228890_4291885.jpg













また特集記事では、以下にように報道されています。


木嶋佳苗34歳の「正体」
「母は皇族、父はセスナで事故死」!?

7400万円貢いだ福山定男さんが怪死一カ月前弁護士に相談
「アイツから金をとりかえしたい」


「お母さんは皇族の出身で、雅子さまからお手紙をもらったこともあるんです。体調を崩して、今は家政婦さんと二人で暮らしています。雅子さんはお見舞いにも来てくれました。お父さんは昔、セスナ機の離陸に失敗して死んでしまったんです。一緒に乗っていた私も、そのとき怪我をしました」

婚カツ詐欺師・木嶋佳苗被告(34)はそう騙って、千葉県松戸市の福山定男さん(死亡当時70・以下同)から総額約7,400万円もの大金を引き出した。これが、のちに世間を揺るがすことになる知人男性連続不審死事件の序章だった―。(※中略)

奇しくも「結婚相談所」を掲げていた福山さんが、稀代の婚カツ詐欺師と出会ったのは約5年前。インターネットの情報サイトにはこんなメッセージが書き込まれていた。

<国立音大卒で今はヤマハに勤務していますが、ケンブリッジ大学に音楽留学したいと思っています。資金援助をしてくれる方を探しています 吉川さくら>

経歴から名前まで真っ赤な嘘で塗り固められた文面だったが、当時の福山さんは何の疑問も持たず、メールを送った。

「『すごい女と知り合ったんだよ。28歳くらい。留学の支援を始めたんだ』と言ってました。奥さんとは別居しているし、舞い上がってしまったんでしょうね」(前出の藤川さん)



次回も、引き続き追っていきたいと思います。


結婚詐欺師〈上〉 (新潮文庫)
乃南 アサ
新潮社
売り上げランキング: 86681
おすすめ度の平均: 4.5
5 綺麗な思い出にすることが賢明かも
5 一気に読んでしまいました。
5 主人公を 憎めない
2 活字に飢えたときに、手頃
5 プロのテクニック


あるニセ占い師の告白 ~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)
ジョン・W・カルヴァー 石井裕之
フォレスト出版
売り上げランキング: 7300
おすすめ度の平均: 3.0
1 めんどくせーけど・・・
3 小一時間は楽しめます
3 帯の文字が大げさ
3 外見重視
3 コールドリーディングの流れがわかる


職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)
NHKスペシャル職業”詐欺”取材班
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 44407
おすすめ度の平均: 4.5
4 組織化、犯罪意識のなさに驚き
5 考え方が違うのかも
5 こんな時代に誰がした?

[PR]

  by buffett7jp | 2009-11-10 04:11 | 結婚詐欺事件

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE